お問い合わせ
出店依頼
Twitter
instagram
Facebook
天然素材をふんだんに丁寧手仕込み 麺屋 朱治郎
麺屋 朱治郎
麺屋 朱治郎

昔懐かしい屋台販売のラーメンで、
人と人を繋いで笑顔にするお手伝い。

私共は、屋台(移動販売車)で様々な場所に出向き、お客様の目の前で手仕込みのらーめんを調理して販売しています。そして、社会貢献の一環として、一般のお客様には福祉施設ご利用者さまのらーめん代金とその運営費用の一部を加算させていただいた価格でらーめんをご購入いただき、福祉施設ご利用のご高齢者・養護を要する児童・障がいをお持ちの方にお求めやすい価格でこのサービスをご提供し、屋台という催し物で楽しい時間を過ごしてもらうことを目的に活動しています。
一般(医療機関・商業施設・会社・事業所・現場・工業団地・自治体・学校・各種イベント)の方からのご依頼が増えれば、今よりもっと安く、もっと充実したサービスを福祉施設ご利用者さまにご提供できるようになります。皆さまからのご依頼を心よりお待ちしております。

私共の考える新しい社会貢献のカタチ

私共の考える新しい社会貢献のカタチ 私共の考える新しい社会貢献のカタチ

朱治郎のはじまり

2020年4月、 私共は高齢者専門の宅配弁当サービスの開業準備に携わっていました。 市役所福祉課の方、社会福祉協議会の方、福祉施設の方など多くの方とお会いし、福祉施設ご利用者様を取り巻く環境をお聞きする中で、 その方たちの楽しみ・気分転換・気晴らしなどが不足していることを感じ、何か自分達に出来ることはないかと考えて思いついたのが エンターテイメント性のあるらーめんの屋台でした。

店名の由来

朱く輝いたスープのらーめんをイメージしたシンボルマーク

朱く輝いたスープのらーめんをイメージしたシンボルマーク

朱治郎は、今は無き「朱乃輝(しゅのかがやき)」という淡麗らーめん専門店の商品をベースとしています。
上質な香りを持つ「朱」茶色のスープから一文字取り、 「治」には病気や怪我が治って欲しい(しないで欲しい)という意味を込め、 「郎」にはそれを願う息子(息子世代)という意味があります。


プロフィール

遅くなりましたが、簡単に自己紹介をさせてもらいます。
麵屋朱治郎 店長の羽毛田(はけた)と申します。
私がラーメン屋になろうと思ったのは、中学3年の時でした。
なにげなく見ていたテレビ番組で一生懸命ラーメンを作っている職人の姿を見て 自分もやってみたいと思ったのがきっかけでした。
あれから二十余年、新たなチャレンジとして始めた移動販売ですが、自分自身が 20 年後に実際に受けたいと思えるサービスを構築することを目標に努力しています。

プロフィール
1998年
くるまやラーメン 店長
ラーメン作りの基本とマネージメントを学ぶ
2003年
ホームヘルパー2 級取得
2006年
(株)メンハウスフードシステム 外食事業部長
約4年半で6店舗の新規立ち上げと統括を担う
2010年
(株)桔梗家設立 取締役就任
2017年
麺屋朱乃輝開店
順調に売上をキープするも、人手不足により僅か5カ月で閉店
2020年
高齢者専門宅配サービス立ち上げに携わる
現在
麺屋朱治郎運営

スタッフ紹介

プロフィール

らーめんの調理から接客までオールマイティーにこなせる海藤さん。規模の大きいイベントの際に活躍してもらっています。


プロフィール

介護福祉士の資格を持ち、4人の子供を育てる頑張り屋の森さん。 何に対しても一生懸命に取り組む姿がお年寄りからも人気です。


プロフィール

見た目に反して優しい心の持ち主の牛山さん。 ご高齢者さまに楽しんでもらいたいという一心で、山下清さんのモノマネを練習中。


麺屋 朱治郎

トップ最新情報こだわりのメニュープラン・料金等出店依頼お客様の声よくあるご質問

TwitterinstagramFacebook

Copyright © 麺屋 朱治郎 All Rights Reserved.